【競プロ精進ログ】ABS編<7>

zuka

APG4bを終えたので次はABSです。

本記事は,管理人の競技プロ精進日記としてログを取ったものです。モチベーションを爆上げするために,積極的にアウトプットしていく作戦です。これから競技プログラミングを始めようと考えている人や,なんとなく敷居が高いと感じている人の参考になれば嬉しく思います。その他の記事は以下をご覧ください。

目次

本記事の概要

Atcoderが公表しているc++の入門記事の内容を1からさらっていくものです。今回はABC088B Card Game for Twoです。

実装

#include <bits/stdc++.h>
#define _GLIBCXX_DEBUG
#define rep(i, n) for (int i = 0; i < (int)(n); i++)
using namespace std;

int main() {
  int N = 0;
  cin >> N;
  int Alice = 0;
  int Bob = 0;
  vector<int> A(N);
  rep(i, N){
    cin >> A[i];
  }
  // まずは小さい順
  sort(A.begin(), A.end());
  // 次に大きい順
  reverse(A.begin(), A.end());
  // 偶数インデックスはAlice
  // 奇数インデックスはBob
  rep(i, N){
    if (i%2==0) Alice += A[i];
    else Bob += A[i];
  }
  cout << Alice - Bob << endl;
}

ポイント

今回おさえるべき内容

 配列をソートする方法を確認する

シンプルな問題です。配列をソートできますかという練習ですね。ソートした後のインデックスが偶数か奇数かでAliceとBobに分配していきます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる